デバイス厨OutDogブログ

オンラインゲームをFPSを中心とした主のデバイス紹介ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マウスパッドの選び方

マウスパッドの選び方について
PCでゲームをする上で環境はとても大事です
今回はそんな中でマウスパッドの選び方を紹介します

マウスパッドとはマウスの下に敷くものですが、マウスの下に敷けばなんでもいいだろ!!と言う人もいるかもしれませんが、これが実は大変重要なんです
マウスパッドの役目としては、マウスの滑りを快適にし、マウスが変な反応(誤反応)するのを防ぎ、正確な動作をする
このような役目があります

こんなマウスパッドですが多くの人が大手家電製品店なんかで数百円の製品を目にすることかと思いますが、ゲームの世界で使うにはいくつか押さえておきたいポイントがあります
今回はそんなマウスパッドを選ぶポイントとして役に立つ知識を紹介していきます

まずマウスパッドに求められるものはマウスパッドのサイズ、滑り、読み取り性能の向上などがあげられます
これらはマウスパッドの材質や作り方において様々な違いがあり、製品やメーカーによって多くの特徴があります

最終的には値段もありますが、自分に合うマウスパッドを探し出し、選ぶことによってゲームを有利にすすめることができるでしょう!!

マウスパッドの材質
布・・・マウスパッドの中では一番安価な製品
    滑り性能や読み取り性能は他の材質のマウスパッドの中でも一番低い
    滑り性能が高くないため非常にマウスを止めやすい

樹脂素材・・・プラスティックなどでマウスパッドの中でも使用する人も多い
       よく滑る製品が多い
       価格とのバランスが良い
       よく滑るため布に比べると止めにくい

シリコン素材・・・製品によって滑り性能が非常に高く、エアホッケーをしている様な使用感
         滑り性能が高いため止めにくく、比較的高価
         読み取り性能が高い製品が多い

その他・・・ガラス素材やいくつかの素材を複合した製品などがある(希望があれば今後追記します)

このように種類もメーカーも様々なものがあり、選ぶことを一番悩むポイントだと思います

では、選ぶポイントですが
まず自分が180度振り向くのにマウスを何cm動かす必要があるかを調べることが必須です
例えばですが、振り向くのにマウスを30cm動かさなければ振り向けない人が20cmしかないマウスパッドを使用すると、振り向くときにどうしてもマウスを持ち上げなければなりません
慣れればその状態でも十分素早く行動できるでしょうが、やはり持ち上げずに移動させることができたほうが有利ではあると思います
ですのでマウスパッドを置くことができる範囲も限られているでしょうが、十分なサイズがあるマウスパッドを選ぶことが必要だと思います
筆者の場合、振り向くのに20cmぐらい必要なのですがマウスパッドは30cm以上のものを使用するようにしています

次に素材による違いから見ます
上記したように素材によって滑り性能などの違いがあります
滑るのは大変いいことですが、滑りすぎるとマウスを止めにくいなどの欠点もありますので自分のスタイルにあった素材を選びましょう

一般的にですが振り向くときに20cm以上動かさなければならない設定(プレーヤー)をローセンシ(低い感度)と言い、逆に振り向くのに5cmしかマウスを動かさないタイプをハイセンシ(高い感度)といいます。
ローセンシプレーヤーには布製で大きいパッドが適しており、ハイセンシには樹脂系やシリコン系で大きすぎないパッドが合っていると言われています

なにより実際に自分が使っているマウスで試してみるのが一番ですが、それができない人も多いと思いますので他人のレビュー等を参考にし、自分のスタイルに合ったマウスパッドを探しましょう
一般にあるものよりゲーミングマウスパッドは値段は高いですが、その分の性能やサイズをもっているからです

参考に筆者が選ぶおすすめマウスパッドを掲載しておきます!!
スポンサーサイト

| デバイス | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdog.blog41.fc2.com/tb.php/17-503f26c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT